「あなたは、何に囲まれて最期をむかえたいですか?」

「老後も一人で生きるのか」「家族を作るのか」「一生、借家住まいを続けるのか」など、団地の女性たちとの対話を通じ、また彼女たちの生きざまを撮影することで、監督である私自身が、これまで漠然としか考えてこなかったこれらの問題に、深く真剣に向き合うようになった。
とりわけ私にとって強烈だったのが、打越シズさんと、彼女が持つ大量の「段ボール」。「断捨離」がブームとなり、「ミニマムな暮らし」を好む私たち世代にとって、親あるいはそれ以上の世代が、物を捨てずに何でもとっておこうとすることは理解に苦しむ。幸せに暮らすためには、そういった「ゴミ」はなるべく減らし、身の回りの物は最小限にしておいた方が良いに「決まっている」!
・・・しかし、果たしてそれは真実なのだろうか?積まれた段ボールの中身は、本当にゴミなのだろうか?その答えは、本作品の中で打越さんの人生を紐解きながら、見る側それぞれが見つけて欲しい。
「老い」は、誰もが避けて通ることの出来ない問題である。そしてまた、事故や災害などによって、突然住居の変更を余儀なくされる時代を私たちは生きている。この作品で取り上げているのは、横浜にある小さな団地の建て替え、という非常にローカルな事象である。しかし、その中には、女性の生き方や高齢者の借家住まいについてなど、世界中の多くの人たちが共感するテーマが内包されている。

監督:杉本曉子(すぎもとあきこ)

1979年東京都生まれ。大学卒業後、番組制作会社東京ビデオセンターに入社し、テレビ番組のアシスタントディレクター(AD)として勤務。その後数年間、映像業界から離れて異業種をいくつか経験したのち、会社員として働くかたわらシナリオを学ぶ。2008年6月から海岸通団地の撮影を開始し、2009年に自主ドキュメンタリー映画『海岸通団地物語』を完成させる。東京都内、神奈川県など9か所で作品の自主上映を行う。
旅するように暮らしながら日本、そして世界の「集合住宅」とそこにある人々の「暮らし」を切り取って表現することに興味がある。

作品歴/受賞歴